弁護士紹介

小林 正(こばやし ただし)
小林正弁護士
私の自慢は、弁護士になって基本的に事件を断らなかったことであると思っております。人より10年遅れて弁護士になった以上、どんな事件でもやろうと思い、30年過ごしてきました。今回改めて事務所の終了事件数を確認したところ、平成30年12月末で約3800件にものぼっていました。近年は、交通事故案件や遺言・相続絡みの事件が増えていますが、当事務所は、農協関係の仕事が多いことから、債権回収の仕事がメインで、保全処分や強制執行を多く行ってきました。その関係で、信州大学法科大学院において民事執行法と民事保全法を2年間教える機会を得ることができました。また、平成22年には長野県弁護士会の会長を務めました。
 昨今の弁護士激増時代を受けて、市民の方々に、安心して当事務所にお越し頂くためには、我々の仕事ぶりを知って頂く必要があると思い、平成25年7月にホームページを開設し、今回大幅にリニューアルした次第です。

経歴

  • 1949年1月7日生 長野市出身
  • 長野高校卒業後、金沢大学法文学部を経て、協和銀行に9年3カ月間勤務
  • 1985年司法試験に合格し、1988年4月から1991年3月まで宮澤法律事務所にて勤務
  • 1991年4月、小林正法律事務所を開所
  • 1999年度、2001年度長野県弁護士会副会長
  • 2010年度 長野県弁護士会 会長を務める

趣味

  • 囲碁将棋(金沢大学将棋部、囲碁部の各副将  2002年11月法曹囲碁大会名人戦優勝)
  • ゴルフ(下手の横好き)
長田 雄介(おさだ ゆうすけ)
長田雄介弁護士
弁護士登録をしてから早7年目(2019年時点)になりました。この間、多くの方と出会い、多数の事件と向き合い、そして解決することができました。
ひとつひとつの事件にはそれぞれ違った思い入れがありますが、とある交通事故被害者の方からご依頼頂いた事件は強く記憶に残っています。その方は後遺障害等級14級と認定されていたのですが、本人のお話を聞く限り、頚椎にも腰椎にもヘルニアによる神経症状が出ているのではないかと考えました。そこでMRI画像や診療記録を取り寄せ詳細に検討し、整形外科医のもとに何度も足を運びました。そして主治医に意見書を作成してもらうことができ、それを裁判で証拠として提出した結果、裁判所は当方の主張どおり併合11級と認めたのです。相手方(実質的には保険会社)は地裁の判決を不服として控訴しましたが、東京高裁も当方側の主張をほぼ全面的に認める心証を開示し、和解案を提示しました。14級となるか11級となるかでは、賠償額が大きく異なります。後遺障害を残すことになった依頼者様の辛さはお金に代えられるものではないかもしれませんが、裁判所に認めてもらえたことで、依頼者様のお気持ちが多少なりとも救われたのではないかと思っています。
 今後も依頼者様に寄り添い、法的トラブルを解決して参ります。どうぞお気軽にお声かけください。

経歴

  • 1984年6月11日生 長野市出身
  • 長野東部中学校時代に陸上部に所属 走り高跳びでジュニアオリンピック出場等
  • 長野吉田高校時代には陸上班の班長として活躍し、十種目競技(デカスロン)で長野県選手権優勝等
  • 明治大学法学部、明治大学法科大学院を経て2011年司法試験に合格
  • 2012年12月20日に長野県弁護士会に弁護士登録後、小林正法律事務所に入所
  • 長野県弁護士会業務改革委員会・業務妨害対策部会 部会長
  • 長野県弁護士会憲法問題プロジェクトチーム委員、研修委員会委員

趣味

  • スキー・スノーボード、ゴルフなど

トップへ戻る